リノベーションは既存の建物を工事して、機能性を向上させたり、耐震性・耐久性をアップさせるなどが行えます。
自分好みの設計をすることもできますが、コツを知らないと失敗してしまうこともあるため注意が必要です。
設計のコツとしては、最初に予算を設定します。
予算を決めることで設備や間取りなどが予算内に収まるかなど、コスト面での相談を業者にしやすくなります。
また、イメージを固めておくと業者との打ち合わせをスムーズに行えます。

リノベーションなら理想の家が手に入る!自分好みの設計を成功させるための基本まとめ

リノベーションなら理想の家が手に入る!自分好みの設計を成功させるための基本まとめ リノベーションは、既存の建物を工事して機能性を向上させたり、耐震性・耐久性をアップするなどができます。
自分好みの設計をすることもできますが、コツを知らないと失敗してしまう可能性もあります。
成功させるためには設計のコツを事前にしておくことがポイントです。
リノベーションの設計のコツとしては、予算を最初に設定します。
予算を決めておくことで、設備や間取りが予算内に収まるか業者と相談しやすくなります。
自分の理想をあらかじめ決めておくということが重要です。
あらかじめ住みたい住宅のデザインを考えておくことで、業者との打ち合わせもスムーズに行えます。
具体的なイメージが固まっていれば、完成した時にイメージと違うというギャップも少なくなるとされています。

リノベーションで自由で快適な住まいを実現

リノベーションで自由で快適な住まいを実現 サラリーマンの年収は平均400万円と言われている時代です。
この年収であると手取り額は20万円前後であり、おおくの家庭ではここから住居費に食費水道苦熱日、教育費をねん出していることになります。
すると余るお金はほとんどなく、老後の資金にと貯蓄することもできず、旅行などのレジャー費もねん出することが出来ません。
しかしながら賃貸住宅も家賃が高く、これならば築年数が古くても中古マンションを購入した方が賢いのではないかと考える人も多いでしょう。
しかしながら中古マンションは築年数が40年にもなってくると老朽化がひどくとても快適に住めたものではありません。
そこでリノベーションを行い自由に設計し快適な住まいを実現するとよいんです。
築年数の古い中古マンションを1000万円近くでやすく購入し、リノベーションで300万円から500万円程度かければそれは素晴らしく、新築同様の住まいが実現するんです。
柱などを残すだけで他壁や床などすべてリノベーションしてしまえば、キッチンやトイレなど水回りも新品で清潔であり新築マンションと何ら遜色なく生活することが可能となります。
リノベーションを行う場合には、複数社から相見積もりを取って実行するようにしましょう。

リノベーションは購入から入居までに時間がかかる?

近年中古物件を購入してリノベーションをする人も増えてますが、注意したいのが入居までの期間です。新築なら既に物件が出来上がっていて綺麗なのですぐにでも引っ越しが出来ますが、中古物件を購入してから実際に入居できるまでに大体3ヶ月半から半年ほどかかります。
工事で1ヶ月から3ヶ月、設計・ローンの申請などの手続も含めるとさらに1ヶ月から3ヶ月ぐらいは準備の期間が必要です。内装のコンセプト・間取りで拘ると建築士との打ち合わせに期間も長くなるため、現在住んでいる住居からの退去日が近い場合や子供などの入学などにあわせて引越したいなど時間的に余裕がないときは、契約前に相談して工事のスケジュール調整が可能か確認したほうがいいです。他に、新築よりも費用を安く抑えられることも多いですが、建物の築年数・劣化状態で予想以上に費用がかさんであまり変わらない金額になることもあります。リノベーションは物件の広さ・デザイン・階数などで費用は違いますが、中古の住宅の状態で異なってくるので築年数や劣化状態にも注目して選ぶことが大事です。

中古物件のリノベーションは耐久性に注意

リノベーションとは、英語で革新、刷新、修復という意味を持ちます。これは既存の建物に大規模な工事を行うことで、住まいの性能を新築の状態よりも快適にしたり価値を向上させることです。具体的には、基礎部分や梁、柱等の主要構造材のみを残し、新たな機能や価値を向上させます。例えば、家族構成の変更により壁の仕切りを無くしたり、間取りを大幅に変更したりとすることなので耐久性に注意することが必要です。中古物件は、通常築年数が経過している物件が多いと思いますが、建物の主要構造に不具合等があると、いくらリノベーション工事を実施しても安全性が担保できません。
新築物件であれば、すべてが新しいものに生まれ変わるので不安はありませんが、経年劣化している中古住宅のリノベーション工事で基礎部分に目視ではわからない不具合などが発生することがあります。昨今、地震等が国内で頻発しており住宅の基礎部分はとても重要でありますので工事にあたり耐久性の部分までよく診断する必要性があることに留意しておくことが肝要です。

資産価値を高めるリノベーションをするには

資産価値を高めるためにリノベーションを行うときは、次に購入する方の利用者目線にすることが大事です。
まず室内の壁のクロス張替えは欠かせないことで、数万円ぐらいでも効果が期待出来て、中には汚れたままのクロスの物件もありますがこれだと入居者へのイメージも悪いです。外観は建物全体を保有している時に見るべきポイントで、第一印象が悪いと入居率も下がり投資用としても価値が下がります。逆にリノベーションをして高級感やお洒落に見せると入居率も上がるだけでなく家賃も上げやすくなります。次にキッチンも内装の中では費用対効果が期待出来て、女性だとキッチンで決めるといった言葉もあるほど効果があります。例えばIH式の導入・食洗器・ディスポーザーのビルトインなどがおすすめです。浴室は経年劣化で損傷や使用感が目立つ部分で、ユニットバスなら工事費も安くコスパもいいですし価値を高めたいときにポイントなる箇所です。他にもバスとトイレが別になっていることも影響してくるので、別に出来るなら出来ればしたほうがいいです。

リノベーションはローンの金利が高くなる?

リノベーションを行うときに利用できる主なローンはリフォームと住宅の2種類です。リフォーム専用だと持っている自宅をリノベーションするときや、新しく住宅を購入して行う場合でも使えます。
有担保型・無担保型があり有担保型だと単体ではあまり種類がなくて、多くは無担保型です。そのため自宅へ抵当権をつけてから融資が受けられる住宅用と比べて金利は高いです。住宅ローンだと新築・購入を目的に借入が出来て、自宅や土地を抵当権にするので借入期間が長めで金利は低く民間と公的があります。民間は民間の金融機関が扱い、公的は住宅金融支援機構の「フラット35」がありますが、他に財形住宅融資・自治体が独自に行う融資も用意されてます。一体型タイプだと住宅の購入時で物件費用とあわせてリノベーションの費用も借入が出来ます。リフォーム専用だと比較的審査の基準が緩く通りやすい上、期間も1日から5日程度と短めで担保がなくても融資が受けられます。ただ、借入額の上限は500~1,000万円までが殆どで返済期間も最長で15年くらいなので毎月の返済額も多く、金利は年2~5%と高いです。

リノベーションで設置できる人気の設備例

リノベーションで新たに設置できる人気の設備には色々ありますが、中でもIHクッキングヒーターは人気があります。
電源を入れてすぐに鍋やフライパン全体が温まって、ボタンだけで設定した火力を持続するのでガスコンロのように気が付かない間に火が消えてしまいガスくさいなどと言った心配がありません。火を使わないので小さい子どもがいる場合や高齢者の方でも安心です。コンロの面は平らでお手入れも楽で、普段の掃除を簡単にしたい人にも向いてます。キッチンをリノベーションするときにはやはり収納力を上げたい人も多いですが、限られたスペースで最大限有効活用できるのが引き出し式のフロアキャビネットです。開き戸タイプと比べて収納できる容量が増えて、キッチン下の高さも小分けされているため収納自体がしやすいです。物を出し入れするときに屈まなくてもよく、作業も効率性もあがります。観音扉タイプと比べて設置費は高いですが、長い目でみたら引き出しタイプの方がいいです。

リノベーション関連リンク

名古屋 リノベーション